優光泉プレミアム

野草の量が倍増した優光泉のプレミアムバージョン!

無添加酵素ドリンクとして人気の「優光泉(ゆうこうせん)」のプレミアムバージョンがこの「優光泉プレミアム」です。
通常の優光泉に比べ、デトックス効果の高い春摘み野草を多く配合し、1杯でより多くの有効成分を取り入れることができます。
よりデトックス効果を高め体内酵素を増やすことにこだわった酵素となってます。

 

優光泉プレミアムの特徴

コップたったの1杯でバケツ1杯分の野菜
1ccに数百万の生きた酵母菌
デトックス効果の高い春積み野草を使用

 

もちろん、完全無添加、国産原料100%、濃縮原液100%で安全・安心の酵素ドリンクです。

 

味は1種類。白のみとなります。
実際に飲んでみると通常の白よりトロッと濃厚なのに、クセはプレミアムのほうが少ないです。

 

お値段は1本9,180円。お値段もプレミアムになっています。ややお値段は張りますが、プレミアムには数百万の生きた酵母菌と、体の調子を整える野草成分が通常のものの6倍近くはいっています。しかもデトックス効果の高い春摘み野草を使用するなどこだわりも相当なものがあります。それだけ原料にもコストがかかっているということになります。

 

優光泉プレミアムはダイエットドリンクとして飲むのはもちろんですが、最近疲れやすいとか、食欲がない、体力が落ちているときなどに飲むのもおすすめなのです。

 

なぜなら美容健康の鍵となるのが体内酵素。優光泉プレミアムは「体内酵素」を増やすことにこだわってつくられているからです。

 

体内酵素を増やすために着目したのが、2つの力。
・酵母菌のエサとなる60種類の植物の濃縮栄養素
・体内酵素をつくる生きた酵母菌
2つの力がたっぷり配合された優光泉プレミアムはダイエットはもちろん、健康美容のためにもおすすめなのです。

 

価格 容量 原料
6,372円(初回定期価格) 550ml 九州産国産100% 野菜、野草が濃縮された自然なうまみが特徴


優光泉プレミアムのおすすめダイエットプラン

食事の代わりに1日1食を優光泉プレミアムに置き換えます。
1回50ccを目安にお召し上がりください。
デトックス効果の高い優光泉プレミアムの効果をさらに高めるには朝食置き換えがおすすめです。

優光泉プレミアムを飲んでみました!

優光泉をとても気に入ってリピートしている私は、優光泉にプレミアムがあると知ってどうしても飲みたくなって注文しました。
しかし注文前に悩んだのがこのお値段1本9,180円です。(初回定期コースなら6,372円)通常のプレミアムなら550mlサイズが2本で7,992円ですからややお値段は張りましたが、味・効果ともに期待を裏切らないものでした。

 

通常の優光泉は赤と白があるのに対し、プレミアムは白のみ。梅味の赤が好きな私としてはちょっと残念ですが、通常の白とどのように違うのか楽しみでもありました。

 

 

原材料はもちろん完全無添加!

安心・安全な原料からできていることがよくわかります。
100%無添加だからお子様、妊娠中の方でもOKです!

 

飲んでみた感想は味は通常の白ととても似ているのですが、すごく濃厚なのに普通のタイプのものより飲みやすいです。
通常タイプの白は少しだけ発酵臭のようなクセがあるのですが、プレミアムはまったくそれがありません。

 

かなりトロ〜ッとしていて濃縮されている液体です。

 

野菜など素材のうまみが引き出されていて濃厚なのにまろやかな甘さなのです。
さすがプレミアムといった味わいです。

 

濃厚ですが、そのまま飲んでも美味しいです。
でもせっかくですので、水割りか炭酸割りにして味わいを楽しむのがおすすめです。
3倍くらいに水などで薄めてもしっかり味がしますし、割った分、容量が増えるので、満足感も高いです。

 

特に私が感じたのが腹もちのよさ!私にはとても合っているようで本当に腹もちがよいです。小腹がすいたときにプレミアムをちょっと1杯飲むだけで数分後にはお腹ががすいていたのを忘れるくらいになっています。

 

朝起きた時の朝食代わりに、小腹がすいたときの小腹みたしに、夜寝る前の空腹感に。
優光泉プレミアムを飲むだけでお腹がしっかりと満たされるのを実感できました。

 

通常タイプも素晴らしいですが、より腹もちのよさを感じるため、より楽に酵素断食をしたいという方は
優光泉プレミアムがおすすめです。

 

濃厚なのに、甘ったるさがないのは野草の成分の割合のせいでしょうか。すっかり気に入ったプレミアムですが、お値段だけがネックですが、ここぞと断食を頑張りたい時にこの腹もちのよさはかなりの味方になってくれると思います。

 

>>優光泉プレミアム詳細はこちら

 

>>通常タイプの優光泉(ゆうこうせん)はこちら