プチ断食後の回復食について

プチ断食が終わったからといって、すぐに普通の食事に戻るわけではありません。プチ断食直後の食事は回復食といって通常より消化の良い、おかゆなどから始め、プチ断食で小さくなった胃を食べ物に少しづつ慣らしていきます。

 

この回復食の摂り方がプチ断食成功のカギを握っています。

 

2日間の断食中は、意外と食べなくても平気だったという人も多いと思います。
でもプチ断食が終わって、いったん食べ物を食べ始めたとたん、やめられなくなってたくさん食べてしまうという人が意外と多いのです。
しかしプチ断食後の胃は2日間ほとんど食べていなくて空っぽになっているため、吸収率が良くなっています。

 

そのような状態の体で、一気にたくさん食べてしまうと、プチ断食で減った体重が戻るどころか、プチ断食前よりも増えてしまうという可能性があります。
さらに胃や内臓にも負担をかけ身体の調子をくずす恐れもあるため注意が必要です。

 

回復食はおかゆなど消化のよいものから始め、徐々に通常の食事にもどしていっていください。

 

通常は断食した期間と同じ日数、回復食にすると言われています。つまり2日間断食したら、断食後の2日間は回復食として普段より少なめ、消化のよい食事を摂るということです。

 

プチ断食を成功させる鍵は回復食です。食べ過ぎに注意し徐々に胃を慣らしていきましょう!

回復食のメニュー例

プチ断食明けの初めての食事はおかゆなどの消化のよいものにします。

 

例えば朝食から回復食にする場合
朝食:おかゆ(玄米がゆ)
昼食:おかゆ又は、通常の食事の半分程度

 

まずは固形物ではなく柔らかいものから口にしましょう。
味付けは薄味がポイントです。
ファスティングをすると味覚が鋭くなるといわれています。
休んでいたのは内臓器官だけでなく舌の味を感じる部分も同じですから、少しの味でも敏感に感じ取れるようになるので、いつもと同じ味付けが濃く感じてしまいます。
おかゆよりもっと柔らかい重湯から始め、おかゆや味噌汁、薄味の柔らかい煮物などへと徐々に戻していきます。
消化の良いもので胃腸に負担をかけないようにしましょう。

回復食に避けたいことは

避けた方がいいものは、動物性たんぱく質、動物性脂質、化学調味料、保存料などの添加物です。
最近では酵素ドリンクなど一緒に回復食パックなども通信販売などで売られていますから初めての方はそういったものを利用してみてもいいかもしれません。
ファスティングが慣れてきた方でファスティングの期間を長くしたりする方もいますが、そういう場合の回復食は開始直後の重湯の期間を長くするなどして、ゆっくり時間をかけて戻すのがよいでしょう。
ファスティングが失敗に終わらないためにも回復期の過ごし方が大切ですね。

 

>>断食におすすめの酵素ドリンクランキング