酵素断食の流れ

酵素断食を行う時にはまずスケジュールを組むことが大切です。
無理なくそして確実にダイエットにつながるようにしっかりと計画を立てましょう。

 

断食ダイエットの基本的なスケジュール
酵素断食には大きく分けて3つの段階があります。
3つの段階とは、準備期間→ファスティング期間→回復期間というものです。
準備期間はファスティングの期間と同じくらいの日数を設けることをおすすめします。
もし3日間ファスティングをするなら3日間を準備期間に当てる、と考えれば覚えやすいですね。
回復期も合わせて全部で7日間あれば最適でしょう。
週末など短い期間で手軽に行うのもいいですが、脂肪燃焼が3日目から加速することからも期間は長い方がより効果があるのです。

それぞれの期間の過ごし方

準備期間
まず準備期間は、ファスティングの本番に向けて食べる量を減らしていきます。
質素な和食をイメージするといいでしょう。
カロリーの高い肉料理、油分の多いものや卵料理は避けましょう。
お魚や野菜中心に切り替え、食べる量は腹6〜8分目ぐらいまでにしておきましょう。・

 

断食期間
いよいよファスティング期間、ここからは食べることはできませんが、水や酵素ドリンクはたくさん飲んでかまいません。
まずは朝起きたらコップ1杯のお水を飲んでスタートです。
朝昼晩で酵素ドリンクをとりましょう。
酵素ドリンクはお腹がすく前に2時間おきくらいに飲むのが目安ですが、おなかがすいたら何杯飲んでも構いません。
コツはお腹がすく前に酵素ドリンクを飲むということです。
水は1日1.5リットルくらいは定期的に飲むようにしましょう。・
水と酵素ドリンク以外は口にしないのが基本ですが、どうしても辛い時は無理をせずカロリーの少ないものを少し摂取してもかまいません。

 

回復期間
ファスティング期間が終了したら回復期間です。
急にドカ食いするのは胃腸に負担がかかるので厳禁です。
おかゆなど消化の良いメニューから胃を慣らしていきましょう。
少しずつ量を増やしていき通常の食事量に戻していきます。

 

ファスティングを終えると、以前は感じられなかった食材の本当の美味しさが感じられるようになる人が多いようです。
味覚などが研ぎ澄まされるといった新鮮な感覚がみられるでしょう。

 

>>断食におすすめの酵素ドリンクランキング